--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.21 通し2回目

広報担当 川那辺です。
昨日は前半KBS京都の取材が入り、三場の稽古を重点的に行いました。
この三場、作品の中で唯一色が異なるため、演出家も役者もうんうんうなっています。
今回はプロデュース公演ということもあり、演出部が設置されています。
高杉征司さん、桑折現さん、川北唯さんと心強いメンバーです。
柳沼さんの隣には川北さんが付き、台本を目で追って気になるところをすべてチェックしています。
桑折さんは演出補として、柳沼さんとは違う角度から舞台を見ています。
今回は三面客席ということもあり、役者の立ち位置など
舞台上の空間を通常より広く意識しないといけないので桑折さんの存在はとても重要です。
そして、高杉さんは今回オーディションで選ばれた役者さんたちのアドバイザーとして寄り添ってくれています。
役者のみなさんは今まで違うフィールドで活動されてきたため、
柳沼さんの初めての演出に戸惑っている人もいるようです。
そこでの高杉さんの助言は、とても心温まります。

さて、そんな出演者7人と、演出部の3人、そして柳沼さんと大所帯のチームですが、
昨日は通し2回目を行いました。
今週はじめから細かな演出がついていき、まだ最後の場までいってないのですが
小道具の確認などもしなければならなかったので行けるところまで、という通しでした。

私が1番「キタ!」と思った瞬間は、市川さん・阪本さん・田中さんの会話のシーン。
市川さんが話すごとに、すとんと彼女の言葉が旨の奥に入っていきました。
とてもゾクゾクしました。

その他はまだまだ未完成。
もちろん今言ったシーンもきっと再考されるのかもしれませんが
こうした神がかった場面に立ち会えるのは本当に幸せだなと感じました。

スポンサーサイト
トラックバックURL
→http://ihojinkyoto.blog101.fc2.com/tb.php/15-a3fc518b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
​ ​